教育

4年間のスケジュール

1年次

学問への意識づけ
生命の仕組みに対しる理解を中心に、学問の意識づくりを展開。自然と人間の共生、生命倫理の大切さを理解しながら専門の基礎を学習します。

2年次

多彩な実験で視野を柔軟に
「生命とは何か」具体的にその本質に迫る多岐にわたる実験。現象の観察、データの検証。いろんな実験シーンを通過して柔軟な視野を広げます。

3年次

負担の軽いカリキュラム編成
2年次に引き続き、豊富な実験が特色。多彩な科目履修が学生の負担にならないように、そして消化不良に終わらないようにカリキュラムを工夫。

4年次

世界レベルの研究に参加
卒業研究。テーマは多彩で、生命の基本に関わる基礎研究から、制がん剤に関する研究、薬剤の細胞内動態に関する研究、人工臓器に関する研究、細胞培養や環境修復に関する研究まで、世界のトップレベルの研究に参加し、創造性豊かな人材を育成します。

カリキュラム

カリキュラム画像

2015年 臨床工学技士(国家資格)コース誕生!

臨床工学技士(国家資格)は、人工腎臓や人工心肺操作に従事するコメディカルの職種。
京都保健衛生専門学校臨床工学技士専攻(1年コース)との連携教育で、卒業時に、国家資格と学士を同時に取得。
3年次後期までは、応用生命科学科の講義を受講し、4年次より臨床工学技士コース(定員5名~10名)の定められた科目を受講する

最先端の研究と最新設備

最新のクリーンルームで細胞実験

  • 副作用の無い制がん剤の開発が進んでいます。
  • 人工臓器を目指した基礎研究を実施しています。
  • 植物細胞の新しい遺伝子導入技術の開発を目指しています。
  • 未知遺伝子のクローニングを行っています。

医学部と同レベルの医薬工学実験棟で動物実験

  • 臨床応用のために、モデル動物を用いたがん治療と安全性実験が行われています。
  • 糖尿病モデル動物を作り、経口治療薬の開発を目指します。
  • モノクローナル抗体を作製しています。

共焦点レーザー顕微鏡による細胞・組織観察

  • 動物内蔵の細部の三次元構造が観察できます。
  • 微生物や動物細胞、植物細胞の遺伝子レベルの研究が進んでいます。
  • がんの早期発見と治療に役立っています。
  • 環境修復能を有する微生物共同社会(コンソーシアム)の可視化ができます。
  • 組織や細胞の構造機能を研究しています。
© 2020 SOJO UNIVERSITY.