学科紹介

急激に発展している生命科学の基礎である「化学」、「生物学」、「数学」などの科目に続いて、分子生物学や遺伝子科学を含めた生命情報科学、医薬学と工学の学際領域である医用生体工学、細胞培養技術のフロンティアを志向する細胞工学、人間と自然の共生を目指す生命環境科学などの専門科目を学びます。これらの講義や学生実験、卒業研究を通じて幅広い学際的知識や技術、高い倫理観を身につけ、持続可能な人類社会に貢献できる人材を育成します。

学科長挨拶

宮坂 均

応用生命科学科の特徴の一つは、高齢化社会を迎えて益々重要性が高まる我国の医療に貢献する多くの研究をしていることです。副作用のない抗がん剤、糖尿病の治療、血栓の治療、人工肝臓、軟骨の再生、薬物の代謝動態、免疫組織化学、など医療の現場に直結するさまざまな研究をしています。一方で、医療分野以外でもさまざまな研究をしています。たとえば、毒蛇のハブの分子進化、植物培養細胞による抗がん剤の生産、環境汚染を浄化する微生物、農業・水産業・畜産業での微生物の利用といった研究です。このように動物、植物、微生物に関わる多彩な研究をしている背景には、応用生命科学科の教員が、医学、薬学、工学、理学、農学、などのさまざまな博士号と多様な研究経歴、専門性を持っていることがあります。
教員の多様な専門性は、講義や実習、卒業研究にも活かされ、一つの分野に偏ることなく、社会人になってからもさまざまな現場で活用できる知識を学ぶことができます。また高校で生物を勉強していない学生も、基礎から手厚く指導しています。こうした教育の成果により、本学科の卒業生は医療・医薬品、食品、農業・畜産業、環境・エネルギー、情報、等々の多彩な分野で活躍しており、多くの企業様から高い評価を受けています。また、崇城大学に在籍しながら、4年時に京都保健衛生専門学校・臨床工学技士専攻科で勉強して、臨床工学技士(Medical Engineer: ME)の国家資格を取得するコース(MEコース、定員5~10名)もあり、多くの卒業生が臨床工学技士として医療の現場で活躍しています。
私たちはこのように多様な科学技術の分野で社会の発展に貢献していきます。若い皆さんが、崇城大学生物生命学部・応用生命科学科で学び、世界の発展を支えるバイオサイエンス、バイオテクノロジーのプロフェッショナルになってくれることを期待しています。

応用生命科学科長
教授 宮坂 均

© 2020 SOJO UNIVERSITY.